水素水は効果なし?口コミ・体験談アンケート

水素水は効果があるのか?なしか?真偽にせまる!

最近、テレビや雑誌で話題の有名人やスポーツ選手たちがこぞって水素水を愛用しているとメディアで報道されています。
そんな注目されるなか、ネットで検索してみると、水素水に対し非常に否定的な書き込みも見受けます。
水素水は本当に効果があるのか?なしか?科学的に根拠はあるのか?ないのか?ニセ科学なのか?そして副作用などの危険性はあるのか?
水素水について口コミや体験談なども収集し、まとめてみました

 

水素水は効果なし?効果あり?

水素水は、健康やダイエットにも効果があるといわれています。水素水は科学的に根拠があるのか?ないのか?
それとも、すでに効果があったとと言われる経験談がたくさんありますが、その口コミや体験談の信ぴょう性があるのか?
水素水の効果や、水素水にまつわる噂、水素水を飲む時の注意点などについて見ていきたいと思います。

 

水素水とは?どういうものなのか?

 

水素が含まれる水

簡単に言うと水素水は、水素の分子が含まれる水です。
水素というと学生の時に理科の実験など行った方も多いと思いますが、燃焼を手助けする気体ですね。
水素は、水素原子(H)と水素原子(H)が結合し、た水素分子(H2)となっています。その水素分子が水に含まれている水を水素水と言われています。
この水素は、酸素と結びつくため還元力に優れているそうです。還元力というものは、物質のサビ(酸化)を取って元に戻す力のことだそうです。
元々、ビタミンCやビタミンEなども還元力があるのですが、それよりも水素水は還元力に優れているそうで、体内の活性酸素と結びつき、酸化を元に戻します。その時、水素は酸素と結びつき無害な水になるそうです。
この水素水に含まれる水素の量はppmという単位が使われ、販売されている水素水はこのppmの単位を使用し、水素含有率を表示しています。
またこの水素水に含まれる水素分子は、ほかの分子よりも非常に小さいため、水素水を入れている容器の栓を閉めていても、容器から逃げてしまう性質があるようです。
そのため、販売されている水素水の容器の違うによって、水素含有率が違い、最悪の場合既に水素が抜けきってしまった水素水が販売されていることもあるようです。

 

 

水に高い濃度で水素を含ませる

水素水は医学的に、水素豊富水と言われています。水に水素分子を高濃度に含ませる方法には、温度と圧力によって高濃度にすることができるようです。圧力と温度によって、水素含有率をたかめることができますが、通常の温度と圧力に戻した場合には、時間の経過とおもに水素分子は逃げていき、水素含有率は下がっていきます。通常の温度と圧力の環境では、水素含有率の最高値は1.57ppmとなります。この1.57ppmを基準として、販売されている水素水の水素含有率を比較することができます。
自宅で水素水を作ることができる、水素水サーバーや水素スティックなども販売されていますが、製品によって水素含有率はさまざまです。

 

 

水素水の効果効能・6つ

 

還元作用・抗酸化作用

皮をむいたりんごを放置しておくと、赤褐色に変色したち、釘や自転車などを放置しておくと錆びてしまったりするのは「酸化」によるものです。
空気中の酸素と結びついて起きる現象です。この現象とおなじように、私たちの体内でも食べ物から摂った栄養をエネルギーに帰る時に酸化現象をおこしているのです。
この時に使用される酸素はもちろん、呼吸によって摂り入れた酸素を利用しています。人間は一日に約500Lの酸素が必要と言われ、食事によって体内にとりいれた、炭水化物やタンパク質を燃焼させ、エネルギーを取り出しています。しかし、このエネルギーを摂り足すときに、「活性酸素」が発生します。たとえで言うなら、エンジンでガソリン燃料を燃やした時に、有害物質が発生します。
その発生と同じで、エネルギーを摂り足すときに副産物ができてしまいます。それが活性酸素です。活性酸素になるのは、体に取り入れた酸素の約2%程度と言われ、活性酸素は文字通り「活発な酸素」ということになります。何が活発なのかというと「酸化させる力」が非常に強力なのです。酸化というのは、物質を酸素と結びつけることで、化学変化を起こす作用が非常に強力なのです。
酸化力が非常に強い為、殺菌作用も非常に強く、体内に入り込んだ細菌類をやっつけてくれる役割を持っています。
また、体に侵入してきた、ウィルスなどを排除する役割もあり、活性酸素の量が適量であれば、身体中の細胞は健康を維持する上で必要なものなのです

 

しかし、この活性酸素の量が増えすぎると、細胞を攻撃しダメージを与え、細胞の老化現象を引き起こしてしまいます。これは、活性酸素が酸化を引き起こすことが原因で、要するに、体内の活性酸素が増えすぎると、体をサビつかせてしまう現象になるのです。

 

水素水には、この活性酸素を抑え、体のサビを防ぐ還元作用、抗酸化の働きがあります。水素水の水素が、活性酸素の酸素と結びつき、無害な水となり対外に排出してくれる効果があります。

 

元々、私たちの身体には、この活性酸素を抑えるために酵素を用いる働きがありますが、年齢を重ねるとこの働きも弱くなってしまいます。
その為、水素水はこの増えすぎた活性酸と結びつくため、体の酸化、サビを防ぎ、老化や万病の元である活性酸素の害から守るには、水素水が有効であると言われています

 

「活性酸素が増える状況」
・大気汚染
・紫外線
・加齢
・ストレス
・生活習慣
・喫煙や飲酒
・運動やスポーツ
・睡眠不足等

 

 

疲労感が改善する

朝起きても体がだるくなかなか疲れがとれない。といった現象はあますでしょうか?若かった時にはなかった蓄積疲労や、疲労で元気ない場合も水素水は効果を発揮します。
現代の医学では、この蓄積疲労は活性酸素による影響が大きいことが報告されています。会社でのストレスや寝不足、生活習慣病によって、体の活性酸素が増え続け、どんどん活性酸素が蓄積していきます。水素水はこの体内の活性酸素を抑え、除去する働きがあるので疲労感が改善します。

 

最近の水素水の研究では、眼精疲労に効果があることがわかってきました。目に効果が高いと言われるアントシアニンや、ルテイン、アスタキサンチンなども抗酸化力が強い方ですが、それよりも水素水の方が抗酸化にすぐれ、水素の分子が小さいために、アントシアニンや、ルテイン、アスタキサンチンなどが深くはいることができない眼球内にも水素ははいることができるからです。
現代社会は目を酷使する事が非常に多く、眼精疲労から疲れがたまるともいわれています。眼精疲労はもちそん、体内の活性酸素の抑制、除去に水素水は非常に有力だと医学界からも注目されています。水素水を試した方からも、疲労感改善の口コミや体験談が見られます。

 

 

抗炎症・抗アレルギー

水素水は花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息、食物アレルギーなどのアレルギーに対しても効果があるという研究結果が報告されています。
アレルギーは体内の免疫システムがアレルゲンに過剰に反応し引き起こされる現象です。アレルギーがおきると体内やアレルギーの部位に非常に多くの活性酸素が発生します。
水素水は活性酸素の抑制・除去の働き、そして抗酸化、抗炎症の働きがあるため、アレルギーへの効果も報告されています。
また水素水を飲むだけでなく、全身から水素を取り込む事の有効と報告されています。全身から水素を取り込む方法としては水素水のお風呂やパックなどの方法があります

 

 

生活習慣病に

水素水は糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病にも効果があることが報告されています。
生活習慣病は主に体内の活性酸素の影響によって細胞や臓器の酸化が引き起こされます。細胞が酸化するこkとで細胞が老化します。水素水の還元作用や抗酸化によって体内の活性酸素の抑制・除去の効果があります。
抗酸化のある要素はいろいろありますが、水素の効果がその中でも最も効果のある理由は、水素分子が小さいためにほかの抗酸化物質が行きわたることのできないところ、すみずみまで水素分子が行きわたり、活性酸素抑制・除去することが可能なところです。

 

 

ダイエットにも効果あり

水素水はダイエットにも効果があるといわれています。これは、日本医科大学でマウスを使った実験で、水素水を飲ませたマウスは脂肪燃焼を促す可能性を発見したそうです。
水素水を飲み続けると体の代謝が高まり、脂肪が蓄積しにくくなり、内臓脂肪は減りやすい傾向になると報告されています。既に蓄積されている内臓脂肪も燃焼しやすくなるのでダイエットにも効果があるようです

 

 

副作用なし

水素水を毎日飲み続けていても、副作用はまったくないとの研究報告されています。また水素は、厚生労働省にも認められている食品添加物になるので安全です。

 

 

水素水の効果なし、ニセ科学と言われる理由

 

目に見えない

水素は、無味無臭の気体で目に見えません。その為に販売されている水素水に、本当に水素はふくまれているのか?どうか?がわかりません。一部の業者の販売している水素水の水素含有を調べたところ、全く水素が含まれていなかった報告もあります。その為か、一部の水素水を試したユーザーからは、「普通の水と変わらない」「何も効果を感じない」など、ネガティブな意見もみつけることができます。最近では水素が本当に含まれているか?どうか判定試薬で確認できる水素水セットも販売している業者もありますので、水素の特徴をよく理解してご利用することをオススメします。
ちなみに私が参考にしている水素水の比較ランキングサイトこちらです。

 

医学的にまだ証明されていません!

水素水による医学的な研究は進んでいますが、まだ証明されていません。既に数多くの研究や大学病院などでも研究されており、水素水の働きの活性酸素の抑制と除去、抗酸化作用やアレルギー抑制作用などの効果については数多くの報告がありますが、未だ証明されていはいません。というより証明されつつある段階と言った方が正しいのではないでしょうか。

 

 

効果が実感しにくい

水素水は一定の期間飲み続け、体の細胞が新しく入れ替わると、効果を実感できるようになっていきます。1度飲んだだけで劇的に効果を感じることは稀です。また、何日か飲んだだけでは、効果を実感できるほどの変化は起こりません。水素が体の活性酸素を除去している実感は最初の飲み始めの時期は、効果を感じることは稀です。また活性酸素の多い方は効果を感じることが早いために年齢が若い方や健康な方にも効果を感じるほどの変化は起こらないのです。

 

個人差がありますが、効果を実感できるには、最低でも2週間、改善させたい目的によっては半年くらいの期間、毎日水素水を飲み続ける事が必要です

 

 

水素水が広まった訳・科学的根拠

論文の発表

2007年に、日本医科大学の太田成男教授の論文が、イギリスの学術雑誌「ネイチャーメディシン」に発表され、それを機械に世界中の研究者による、水素の医学的効能を検証する研究が盛んに行われるようになりました。に日本の研究者からも、続々と研究が表され、すでに発表された論文の数は300を超えています。

 

臨床実験

2005年以降から、マウスを使った実験で水素の効果が次々と明らかにされています。すでに人間による臨床段階へと進んでおり、現在10を超える大学病院で臨床研究が進められています。
慶應義塾大学病院では、酸素吸入器の酸素に水素を混ぜて、緊急搬入されてくる患者に使用したところ、脳へのダメージが以前よりも少なくなったとの報告もあります。
今後ますます医療の現場では、水素を利用した治療が進むかもしれません。

 

 

まとめ

水素水の効果は、既に世界中の研究者や大学の研究機関ですでにたくさんの研究結果が発表されていることは事実です。しかし、まだ医学的に証明されていないことも事実です。こういったまだ証明されていないものは、メディアなどでインチキ商品のように取沙汰され、本当は効果あるものが、メディアの情報によってインチキ商品のような取扱いを受ける場合があります。こういったことは非常にもったいないことです。未だ研究中ですが、効果のあった口コミや体験談もあります。今後医学的に証明され、人類にとって効果のあるものと断言できる日が来ることを希望します。